禁煙補助薬であるチャンピックスは正しく服用する事で、効果的に禁煙をサポートしてくれます。禁煙したい人におすすめ!

チャンピックスとは

チャンピックスの通販

チャンピックスは禁煙補助薬としてとても効果的なお薬です。
これまでにニコチンパッチやニコチンガムといった禁煙補助を目的としたものが存在してきましたが、著しい効果を上げることは出来ませんでした。

チャンピックスはファイザー製薬が開発したニコチンを含まない初めての医療用禁煙治療薬で、禁煙できる確率を大幅に向上させてくれます。

愛煙家で禁煙を試みたが中々難しいという方はたくさんいらっしゃいます。
これまで禁煙方法はたくさん存在しましたが、従来の定番で大体の方がニコチンパッチやニコチンガムなどを試しています。

しかしニコチンパッチを使用してる時は大丈夫だけどやめるとまたタバコを吸いたくなってしまうと言った方が多いのではないのでしょうか?

これはタバコを辞められない原因がニコチン依存症だからです。
チャンピックスはニコチンを含まない禁煙補助薬なのですが、有効成分バレニクリンが脳にあるニコチンの受容体へニコチンよりも早く結びつくことができます。

ニコチン受容体へと結びつくときに少量のドパミンを放出してくれる作用があるので、タバコを吸っていなくてもニコチンを欲しがらなくて済むのです。

チャンピックスとは

服用方法ですが、大体決められた時間に1錠服用いたします。
最初の1週間はタバコを吸っても大丈夫です。先ほど説明した受容体への作用があるので、タバコのニコチンが受容体へと結びつかないのです。

他にも急に喫煙を辞めたことによる離脱症状を防ぐため徐々にタバコを辞めることも大事なのです。依存症に離脱症状はつきもので、急にやめたことに対して体がついていけず様々な症状を引き起こしてしまいます。

例えば集中力がなくなったり、震えが起きたり、イライラしてしまいます。
1週間チャンピックスと一緒に服用することで徐々にタバコの量を減らしていきます。

そして8日目きっぱりとタバコを辞めます。

最初の1週間も含めて12週間服用を続ける事で成功率を向上させることができます。

煙草を折る

中には2週間ぐらいで禁煙に成功したという方もいらっしゃいますが、極めて稀と言えます。個人差もありますが、平均的に12週間続ける事で禁煙の成功率は高まり、喫煙再発率も大幅に低くなります。

喫煙歴が長い人ほど禁煙するのはとても難しいですが、一般の人はもちろん愛煙家で有名な某俳優さんや各界の著名人の方の中にもチャンピックスを服用し禁煙に成功した人というのは多く存在します。

実際にチャンピックスを服用し、禁煙成功者となった体験談は個人差はありますが、参考になる点もあると思いますので参考程度に見てみるのも良いかもしれません。

タバコというのは吸いはじめはとても簡単ですが、辞めることは非常に難しいです。
これまで禁煙を試みたが断念した経験がある人には是非ともチャンピックスはおすすめです。

チャンピックスの始め方

煙草ストップ

チャンピックスは禁煙を始める1週間前から服用を始めます。
チャンピックスの服用を始めてから1週間はタバコを吸っても大丈夫なのです。

急にパタッと止めるわけではないという点では、禁煙治療をスタートしやすいと言えます。
チャンピックスの有効成分が服用後タバコのニコチンよりも早くニコチン受容体へと結びつき少量のドパミンを放出させてくれるのです。

そして服用していくうちに段々タバコを吸いたいという気持ちが表れなくなるのです。
そして服用を始めてから8日目にきっちり禁煙を開始します。
最初の1週間を含めて合計12週間は最低でも服用を続けるようにしましょう。

途中で「大丈夫だろう」と油断して服用を止めてしまうのは禁煙を失敗に終わらせてしまう大きな要因になります。

ただし、重い副作用が出てしまった場合は、直ちに使用を中止し、医師や専門家に相談される事をおすすめします。

効果が高いため、副作用も出やすいとされています。
使用方法を誤らず決められた通りに使用してください。

ショッピングカードボタン

チャンピックスの購入方法としては12週間分までは医師の判断で保険が適用となりますが、それ以降の分は保険適用外となります。

禁煙外来など通院してお薬を処方してもらう事もできますが、通院しなくてはならず、その他の費用も決して安いとは言えません。

服用方法などを理解しておくことで海外医薬品の通販などで入手する事が可能です。
通院の手間もなく諸経費もかかりませんし、お薬の費用自体も通販の方がお求めやすい価格になっている事が多いのでとてもおすすめです。

ただし、個人輸入でチャンピックスを服用する場合はすべて自己責任となることは忘れてはいけません。

チャンピックスの通販

チャンピックスの費用比較

チャンピックスの費用比較

ここでは「禁煙外来などで通院」する場合と「海外医薬品の通販」、どちらが費用対効果を得る事ができるかという事を比較していきたいと思います。

まずはじめに、チャンピックスの服用期間は12週間(84日)を基本としています。
病院でも通販での購入でも、「禁煙スタート日」を決め、その1週間前からチャンピックスの服用がはじまります。

12週間のスケジュールは、次のようになります。

1~3日  0.5mg錠を1日に1回
4~7日  0.5mg錠を1日に2回
8日目  禁煙開始
8~84日  用量が1mgになり、1日に2回

服用をはじめてから最初の1週間で、少しずつ用量を増やしていきます。
服用のタイミングは「食後」であれば、時間帯などの指定はありません。

ちなみに8日目が「禁煙開始」となっていますが、1~7日までは無理にタバコを我慢する必要はありませんが、もし自然とタバコを吸わなくなったのであれば8日目を待たずに禁煙をスタートさせましょう。

煙草を止めるメリット

ここからは本題となる費用のお話です。
3ヶ月の治療期間は、決して短い期間ではありません。

毎日の服用が必要なだけに、それなりの金額になります。
まず病院(禁煙外来)で処方してもらった場合にはいくらかかるのでしょうか。

費用の内訳は、「初診料」「再診料」「ニコチン依存管理料」「院外処方せん料」「調剤量」となります。人によっては、条件を満たすことで保険の適用を受けることができます。
その場合には、3割負担となるので約19000円ほどで治療を受けることができます。

またもし挫折してしまっても、初診日から数え1年が経過すれば再び保険適用のもとで服用がはじめられます。

保険なしの場合にはいくらかかるのでしょうか。

約64000円となっています。
3ヶ月で6万円を超えるは、結構な出費となるはずです。

後のタバコ代を抑えられると考えれば安いかも知れないですが、やはりこれだけかかるのは経済的にも大きな負担になる事は容易に想像がつきます。

チャンピックスを検索

次に、海外医薬品を通販で購入した場合にはいくらかかるのでしょうか。これはインターネットサイトにある「個人輸入代行サービス」を利用した場合を想定しています。

海外医薬品のチャンピックス3ヶ月分の価格は、約3万円ほど。
病院での保険適用の場合に比べると2倍近くの金額がかかりますが、保険なしの場合には半額くらいにはなるので、かなりお得に治療することができるはずです。

禁煙外来にいって保険のありなしを確認した後、どちらで購入するかというのを決断するのも重要です。

生涯でタバコにかかる費用

燃える万札

タバコを日常的に吸う事で一生涯でどのくらい費用がかかるか計算したことはありますか?
一日に吸う本数や喫煙歴の関係で具体的な金額を算出することは困難ではありますが、概ねの金額というのは明らかにされています。

タバコにかかる費用(金銭面のデメリット)は生涯で1000万円~3000万円と言われています。ごく一部の富裕層の人にしてみれば「その程度か」と感じる人もいるかもしれませんが、大半の人が「そんなにかかるの?」と考えるはずです。

地方であれば家が建つ金額ですし、高級車を買える金額と言っても違和感はないでしょう。
タバコ一本にしてみれば20円~25円、一箱にしてみれば400~500円ではありますが、それを生涯に渡り積み重ねると莫大な金額となります。

チャンピックスを止めることで金銭的なメリット

これまで実際に禁煙を試みた人や成功した人の中で金銭面がきっかけとなった人というのは実に4割近くいます。

単に理由もなく禁煙するというのは、本人の意思がとても強くないと難しいですが、例えば新しい車を購入するため、家を買うため、貯金のため、などのきっかけや禁煙への活力となり得るものがあるだけで禁煙の成功率は非常に高まります。

少し具体的に紹介してみましょう。
現在30才で一日に一箱460円のタバコを吸う喫煙者で50年後の80才まで生きる(80才まで喫煙)と過程して考えた場合、約840万円という金額を燃やして煙に変えている計算になります。

80才の頃に840万円あっても使い道ないよって思うかもしれませんが、半分の25年後で考えてみたらどうでしょうか?55才で420万円としたら少し現実味が出ませんか?15年後の45才としたら252万円になります。

タバコの費用が将来の自分の自由に使えるお金に変わると考えたら少し禁煙に対しての考え方というのが変わってきませんか?

そんなタイミングでチャンピックスの服用し禁煙を開始する事はとてもおすすめです。

チャンピックスの通販