世界に比べ喫煙に寛大な日本でも年々喫煙者の立場は厳しくなっています。良い機会に禁煙をする人にはチャンピックスがおすすめ!

日本と世界の喫煙事情

いろんな国の国旗

ここでは、日本と世界の喫煙事情を徹底比較していきます。
2020年には、オリンピックを控える日本。
それに伴い、喫煙事情も年々厳しくなりはじめてはいます。

世界196カ国とずべて比較するのは難しいので、日本以外で「Smooke Free(タバコの煙がない)」という風潮が強まっているアメリカの喫煙事情を比較していきます。

近年のアメリカは、各州ごとに禁煙運動が盛んになっています。
喫煙者没滅のために、いろいろな団体が活動しています。
喫煙者を1人でも減らすための対策として、タバコ税を上げる動きも目立っています。
1箱が1000円以上する州もあり、1箱あたりの値段は日本の2倍以上します。

また州の条例によっては、建物の中での喫煙を100%禁止しています。
愛煙家の立場はもの凄く弱くなっていると言えます。

日本の町中の喫煙所

これは日本で考えると、時間帯禁煙や分煙などはありますが、全面的に飲食店などでの禁煙は行われていません。

また人が多く集まる場所にも喫煙スペースが設けられ、タバコ屋さんの前、コンビニの前などには灰皿も用意されています。

日本はアメリカと比べると、喫煙しやすい環境にあると言えます。
こうした環境から、在日している外国人の約60%が「日本は喫煙しやすい国」と回答しているようです。

また在日外国人の60%が日本の悪いマナーと答えているのが「飲食店での喫煙」。
どこにでも灰皿がある状況なので路上喫煙を禁止しているものの、ほとんどどこにいても吸える状況となっています。

しかしアメリカでは条例で建物内の喫煙は100%禁止されているので、外も中も灰皿がないことがほとんどです。

他に食事を楽しんでいる人のことを考えると、日本もアメリカを見習った方が良いかも知れません。
次にビジネス面に目を向けてみると、大きな違いがあります。

アメリカのビジネス社会では、喫煙者は自己管理能力が欠如していると判断されることが多く、昇進することが難しいとされています。

no smokingのプラカードを持つ二人

また最近では、喫煙していると就職できない、タバコで解雇なんて事例もあるくらいです。
こうして比較してみると、日本がどれだけ喫煙を許しているか分かりますよね。

オリンピックに向けて、さらに外国人観光客は増える見込みです。
マナーのない国なんて思われないように、さまざまな事を見つめ直す必要がありそうですね。

喫煙できる場所で頭を悩ませるくらいならいっそのこと禁煙を!と少しでも考えた人には禁煙補助薬チャンピックスがおすすめです。