喫煙によるデメリットとしてあげられる健康面、自分と家族のためにも禁煙を!禁煙するなら禁煙補助薬チャンピックスがおすすめ!

喫煙の健康面におけるデメリット

喫煙の健康面におけるデメリット

一瞬のリラックスのために払う代償はあまりにも大きい「タバコ」。
そのデメリットについて考えていこうと思います。

まずはじめに考えられるのが「病気」になるリスク
もっとも有名な病気がガンとされています。

タバコの煙の中には、有害とされている物質が200種類以上も含まれています。
なので煙が取り込まれる「肺」だけでなく、無関係のようにも思える各臓器のガンのリスクを高めてしまいます。

喫煙が原因となって起こると考えられているガンの種類は、「咽頭」「肺」「食道」「胃」「肝臓」「膀胱」などが挙げられています。

どのガンも、非喫煙者に比べ約1.5~30倍で死亡リスクが高まると見られています。
肺ガンについては、「タバコが原因ではない」との研究が進められているようですが、現代医学ではタバコはありとあらゆるガンのリスクを高めてしまうものとして認識されています。

他には、心臓の筋肉などに栄養や酸素を補給する血管「冠動脈」が詰まってしまうことで、酸素などが不足する自体に陥り、「心筋梗塞」を起こす可能性も。

タバコの成分の中には「遊離脂肪酸」という物質を増やす働きがあるようで、血液内を流れている血小板を固まらせてしまったり、血管壁への付着を促進してしまい、冠動脈が詰まることが原因と考えられています。

またこうした病気にかかった時に頼りになるのが「保険」。
ですが、保険は非喫煙者は安く保険に入れるものの、喫煙者はそういった待遇はありません。

老化

病気以外にもとくに女性が気になるのが、肌荒れなどの「美容面」。
ニコチンを長く摂取していると、皮膚が慢性的に栄養失調に陥ります。
つまり、シミやシワが増えるようになってしまいます。

フケた顔つきにもなりやすく、「スモーカーズフェイス」なんて言葉もあるくらいです。
また血管を収縮させる働きがあるので、血行が悪くなり「冷え性」の原因にも。

女性特有のものは他にもあり、妊娠・出産・育児などにもタバコは悪影響を及ぼします。
卵巣の機能に影響を与えてしまうので、子宮頸ガンのリスクが上がり、不妊症や早期閉経発症のリスクが上がります。

妊婦と煙草

またタバコが原因で新生児が「無脳児」が生まれてしまう危険性も指摘されています。
周囲への影響はこどもだけには留まらず、タバコを吸った時に排泄される「副流煙」も健康被害を及ぼします。

毒性が高いと考えられているので、例えばお父さんがタバコを吸っていて、その近くにいる子供が喘息になる確率は非喫煙者の3倍になったり、一緒に住むお母さんにも病気のリスクが高まることが懸念されます。

健康面以外にも金銭面のデメリットももちろん存在します。
お金を払って、自分と家族を不健康にするタバコは「百害あって一利なし」という言葉の通り1つのメリットもないので、他の人のことも考えて禁煙に取り組むべきではないでしょうか?

上手に禁煙ができない人には禁煙補助薬チャンピックスがおすすめ!