喫煙によるデメリットで上げられる金銭面、タバコ代を有意義に使いませんか?禁煙するなら禁煙補助薬チャンピックスがおすすめ!

喫煙の金銭面におけるデメリット

喫煙の金銭面におけるデメリット

喫煙者達にとってタバコを吸うその短い時間は、「安らぎ」あるいは「自分だけの時間」をもてる一瞬の楽しみなのかも知れません。

その短い一瞬のために、費やす金額はどれだけのものになるかご存知ですか。
20歳となり成人を迎えてから70歳までに、タバコやその影響でかかる治療費、他にもセットとなっているコーヒーなどのかかる総費用はなんと1600万にもなると言われています。

単純にタバコだけを取除いて考えてみると・・・
1日1箱(440円)×1年(365日)×50年=803万円。

これに伴って発生してくる、「飲食」「保険」「医療」などの費用を含めると50年で1600万円に。
1600万あったら何ができるかを考えてみましょう。

子供社長

独身の人が増えていたり、晩婚がささやかれている近年ですが、それでもいずれはするであろう「結婚」。結婚式や一緒に生活するための引っ越し費用や家具の準備には多額の費用がかかります。

そしてお互いの間にこどもができ、気付けば大学卒業。
子供を大学に行かせるまでにかかる費用が約1000万円と言われています。
1人を一人前に育てられてしまいます。
他にも、高級車の代名詞「ベンツ」。

1600万もあれば、かなりグレードの高いものに乗ることも。
身近なもので考えて、誰でも食べたことがあるであろう「うまい棒」。

1本10円として計算するなら、その本数なんと160万本。
うまい棒で10万人規模のパーティーができます。

うまい棒10万人分

また今後に焦点を向けて考えてみると、気になるのが「タバコ税」。
タバコの50%以上が、税金だと言われています。

はじめの方で計算した50年間にかかるタバコだけの費用803万円に50%に税率として考えてみると、約400万円・・・。

他にかかる税金を除いて、喫煙者はプラスで400万も多く税金を収めていることになります。どの点から見ても、メリットなんて1つもないことが分かりますよね。
吸い続ければ、続けるだけ生活の負担になります。

1日440円~500円と見れば少ないかも知れませんが、長い年月で見てみるといかに多くに費用がかかっているかが分かります。
これだけのお金があったら、本当に色々なことができます。

家を買ったりすることだってできます。
タバコ以外にも有効な使い方ができるはずなので、これを読んで少しでも止めようかな?と考えた人…良い機会なので禁煙を考えてみてはいかがでしょうか。

喫煙は金銭面以外に、健康面でもデメリットが存在します。
健康面については命に関わってくる部分でもあるため、金銭面よりも真剣に考える必要があると言えますので、そちらも是非参考にしこれからタバコについて向き合って行きましょう。

禁煙補助薬チャンピックスであれば上手に禁煙ができるようにサポートしてくれるので大変おすすめです。
お金がすべてではありませんが、禁煙することは私生活の向上へと繋がっていきます。