ニコチン依存度を確認する事は禁煙治療ではとても重要です。確固たる意志のもと禁煙に臨みましょう!禁煙にはチャンピックス!

ニコチン依存度チェック

しけもく

ニコチン依存とは、タバコを止めようとしても止められない喫煙習慣のことをいいます。
ここでは、あなたがどれだけニコチンに依存しているかをチェックできる質問をいくつかご紹介。

日常的にタバコを吸っている人は依存していることには変わりませんが、数値によっては禁煙外来で保険適用の目安となるので、依存度を知っておくと何かと便利なはずです。

早速、下記の設問に答えて依存度をチェックしてみましょう。
「はい」か「いいえ」での回答で、はいが1点、いいえが0点となります。

Q1.

自分が吸うつもりでいるよりも多くのタバコを吸ってしまった経験がある。

Q2.

1日に吸う本数を減らそうとして、失敗したことはありますか。

Q3.

タバコの本数を意識的に減らした時に、タバコを吸いたくてたまらなくなったことはありますか。

Q4.

本数を減らした時に、次の症状のいずれかが起こりましたか。
[1]イライラ [2]眠気 [3]胃のむかつき [4]落ち着かない
[5]集中困難 [6]手が震える [7]憂鬱 [8]食欲の増加 [9]頭痛

Q5.

症状をなくすために、再びタバコを吸い始めましたか。

Q6.

病気をした時などに、タバコはからだに良くないと分かりながら吸った経験はありますか。

Q7.

タバコの影響で自分に健康被害があることが分かりつつも、吸ってしまったことはありますか。

Q8.

タバコの影響で自分に精神面で問題が起きていると分かりつつも、吸ってしまったことはありますか。

Q9.

自分でタバコに依存していると思ったことはありますか。

Q10.

タバコが吸えない仕事、あるいは付き合いを避ける経験は何度かありましたか。

各設問に回答して、点数が5点以上であれば依存していることになります。
もし病院の禁煙外来で禁煙治療を受けようと考えている人は、次の4つの要件を満たすことで保険適用となります。

yes or no

①上記の設問に回答して5点以上
②ブリンクマン指数

これは「1日の平均喫煙本数」×「喫煙年数」=200以上であること。
ちなみにこれは、35歳以上の人のテストになるので35歳未満の人は免除される項目になります。
③意志の確認
1ヶ月以内に禁煙をはじめたいという本人の意志の確認になります。
④同意
禁煙治療を受けることへの文章にサインして同意することが求められます。
問診票などに日付や氏名を書き込むくらいで、特別になにか用意していくものなどはありません。

喫煙は自分以外への健康被害もあるので、出来る事なら早めに禁煙治療スタートを検討してみてください。

禁煙外来に関して費用や手間において抵抗をお持ちの人は海外通販で購入可能な禁煙補助薬チャンピックスの服用がおすすめです。